Pages

医療レーザー脱毛とは

医療脱毛では、医療レーザー機器から出力されるレーザー光線を肌に照射することによって脱毛を促します。なぜ医療レーザーで脱毛ができるのかといえば、レーザー光線が毛根部にあるメラニンに吸収されて、熱エネルギーが発毛や毛の成長を促す細胞を破壊するためです。レーザー光線は黒い色にのみ吸収されますが、ほくろやタトゥーなどがある場合は、その部分にレーザー光線が吸収されてしまうため、施術できません。

レーザー光線を脱毛したい部分に照射すると、熱エネルギーが発生します。そのため、皮膚に熱の刺激が伝わりますが、医療脱毛機器には冷却装置が備わっていますから、熱が発生しても冷却しながら施術を進めることができます。感覚的に刺激を抑えるだけでなく、皮膚へのダメージが軽減し、安全かつ安心して脱毛を進められるのです。

最新式の医療脱毛機器では、一度に幅広い範囲の脱毛をすることが可能です。最大照射面積が広いほど、短時間に広範囲の脱毛ができます。一度の施術時間が短時間になる上に、脱毛効果が出るまで、また脱毛が完了するまでの回数が少なくて済むのです。施術回数は料金にも影響し、医療脱毛が結局は低料金で済むことにつながっています。